チャートの見方がわかれば、今までの株価の動きを数字ではなく視覚で判断できるようになり、今後の株の売買の参考にすることができるでしょう。 一般的な株価のチャートはローソク足で表され、それがグラフ化されています。 そして、このローソク足の中に始値、終値、高値、安値が表現されるのです。 1日の株価の動きを表現したものが日足チャート、1週間の株価の推移を表現したものが週足チャート、そして、1ヶ月の株価の推移を表現したものが月足チャートとなります。 この他にも、年単位や時間単位、分単位のチャートもありますので、覚えておいてください。 このチャートの流れを見て、上昇トレンドか下降トレンドか、それとも、レンジ相場なのかなどを読み取ります。 多くの投資家たちが、このチャートを参考にして売買を行っているので、チャートを読むことでいち早く相場の流れについていけるようになるでしょう。 反対に、チャートが読めなければ、売買タイミングは全て勘頼りになってしまいます。 それでは、投資とは言えず、まるでギャンブルのようなものですね。 株投資を行う際には、チャートを読むことは基本となりますので、しっかりと勉強するようにしてください。